走行距離と年式に注目を

走行距離が多い、年式が古い、といった中古車は維持費が高額になる傾向があります。車体本体の価格自体は安価に抑えられていますが、購入後に故障するリスクが高くなるのです。クルマは消耗品であり、乗れば乗るほど傷みが早くなります。走行距離3万kmと10万kmでは、後者のほうが維持費は高額になると考えてください。また走行距離が少なくても、年式が古いと故障リスクが上がります。車庫に長年保管しておいたクルマに久々に乗ろうとしたら、エンジンが故障していたという話は少なくありません。購入価格が格安であっても、頻繁に故障するようだと修理費用がかさんでしまいます。価格が安すぎる中古車には理由があると考え、値段だけで選ばないことが大切です。

高級車の維持費は高くなるのが普通

高級車は排気量の大きさに伴い、より多くの燃料を消費します。1,000ccのコンパクトカーと3,000ccの高級車では、後者のほうが燃費は悪いのが普通です。また高級車は部品が高額であり、タイヤ交換やオイル交換をする場合も値段が高くなります。特に古い高級車は燃費が悪く、さらに部品調達が難しいケースがあるので注意してください。新品の部品を調達できない場合は中古部品を探すことになりますが、それもない場合は修理が困難になります。

このように高級車は維持費が高くなる傾向がありますが、走行距離が極めて少ない場合は話が違ってきます。近年は高級車の人気が下降気味なので、中古の高級車を格安で販売する店舗が増えてきているのです。年間の走行距離が少なければ高級車といえども燃料代があまりかからないので、大衆車よりも格安高級車を購入したほうがお得になる場合があります。