通勤を楽にしてくれる車の条件

車内が広くてゆったりしている車は疲れにくいのが特徴です。スペースに余裕がないと圧迫感があり、それが疲労やストレスの引き金になります。特に長時間の通勤をする方にとって、広さは重要なポイントでしょう。排気量はある程度大きいものが好ましく、これは排気量の大きさに比例して乗り心地がよくなるのが普通だからです。

大排気量車はアクセルを軽く踏むだけで加速してくれるので、エンジンへの負荷を軽減できます。エンジンに余力がある状態は、振動の軽減にもつながります。大排気量車は振動が少なく、静粛性・遮音性に優れているのが特徴です。価格は高額になりますが、中古車であれば100万円未満の車両が数多くあります。例えば新車の軽自動車の半値未満で売られている中古の高級車は少なくありません。

人によって乗りやすさの条件は異なる

運転席が高い位置にある車は、運転中により遠方まで見渡すことができます。車の運転に慣れていない方は、目線が近くなってしまう傾向があります。それにより危険の察知が遅れてしまい、交通トラブルにつながる可能性があるのです。緊張しながら運転する状況はストレスの原因にもなるでしょう。運転席が高いと視界がよくなり、広範囲を見渡せるようになります。

セダンタイプの車に関しては目線が低くなりやすいですが、地面にしっかりと接地している感覚が安心できるという方がいます。市街地走行がメインの方からは、小回りのきく車が乗りやすいとの意見が多いです。人によって乗りやすい車、乗りにくい車は異なってくるので、中古車選びをするときは事前に試乗をしておくのが得策です。